取扱い商品について

世界の主な棉花産地

イメージ:世界の主な棉花産地

棉花取引

棉花取引
重量 米国 1俵=500lbs (約225kg)
綿花年度 8月1日~翌年7月31日
植付収穫
  • (北半球) 植付 3~5月 収穫 10~12月
  • (南半球) 植付 10~12月 収穫 4~8月
品質 色・光沢、繊維長、繊維の太さ、繊維の強さ、等で決定
裁定機関 国際綿花協会(英国) 日本綿花協会・裁定局(大阪)
イメージ:綿製品 1
地球上で消費されている繊維製品の量は、年間約8,000万トンですが、その30%強を綿が占めています。農作物としての綿花は、気候が温暖で太陽に恵まれ、適時に適度の雨量、または灌漑用水のある場所でなければ良い品質のものは作れません。

例えば、スーダンでは青ナイル河と白ナイル河が交わるデルタ地帯に、下流のエジプトではナイル河で運ばれた肥沃な土壌を利用して、中国新疆省では天山山脈の雪解け水がカレーズと呼ばれる天然の地下水路を通って流れてくる水を使い、米国カリフォルニアのサンホーキン盆地ではシエラネバダ山脈の雪解け水を貯めて、テキサス州プレーンズ高地では地下に横たわる日本列島ほどの地下水脈を吸い上げて、また全てを天からの慈雨に頼っている地域も多くあり、各国各地夫々に異なる水源を利用して綿花は栽培されています。

日本では、商業的には綿花は生産されておらず全て輸入に依存しています。綿花の生産国は、米国、中国、オーストラリア、中央アジア、インド、パキスタン、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、アフリカ諸国など80数ヶ国に及んでいます。

イメージ:綿製品 2

棉製品・産地

タイトル
綿製品 用途 産地
細番糸 最高級製品 エジプト、米国(加州)、インド、カリブ海諸島、中国新疆ウイグル
中番糸 下着/インナー、ポロシャツ
ワイシャツ・T-シャツ
米国(カリフォルニア、テキサス)、豪州、ブラジル、ウズベキスタン、西アフリカ,他
太番糸 ジーンズ・チノパン・タオル
T-シャツ、厚地製品
米国(ミシシッピ・テキサス)、ブラジル、他
極太番糸 ふとん インド、パキスタン、メキシコ
オルガニック製品 - 米国、トルコ、ペルー、インド